【Keone & Mari】世界的ダンサー夫婦が凄すぎる。

ビートが響いた瞬間、心を持っていかれる感覚。

一文で伝えろと言われたら、僕はそう書く。

広告

Keone & Mariとの出会い

直接会ったわけではない。

ただ踊っているのを遠くから見た。

2010年に偶然行ったイベントで来日していた「Keone & Mari」のダンスショーを見ることができた。
(遠くからの動画しかなくて、伝わりづらいため貼りません。)

それまで僕は「愛」を「ストリートダンス」という形で表現されているものを見たことがなかったので、
かなり驚かされた記憶があります。

ただそのころは、自分のやっているダンスのジャンルにばかり囚われていたので、
あまり記憶にとどめていませんでした。

Keone & Mariとの再開

それからまたしばらくが経ち、「Keone & Mari」の記憶が風化していたころ、ある動画と出会いました。

ビートが響いた瞬間、持っていかれる感覚
まさにそれでした。

心を鷲掴みにされ、「楽しい」とか「愛」とかの感情を伝えられます。

そしてその動画を繰り返し再生していたら、1時間が経っていました。
その時僕はすでに、「Keone & Mari」の1人のファンだったんです。

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)のPVで主演

その後、2015年にJustin BieberのLove Yourselfが世界的に大ヒットします。

そのPVで「Keone & Mari」夫婦が踊ってるんです。

この曲は1つの恋が終わった別れの時、相手の女性を批判するという曲です。
でも、まだ愛が残ってるように感じさせられますよね。

それはJustin Bieberの切ない歌声と、2人の完璧なダンス混じりあって初めて生まれたものなんです。
もし歌詞を知らない方は、一度歌詞の意味を知ってから見ると、更に見えるものがありますよ。

あと一つだけ紹介したい動画

冒頭から既に3つ動画を紹介しているので、最後に一つだけ紹介させて下さい。

Michael Jacksonの名曲Love Never Felt So Goodから、
Chris BrownのTime For Loveの舞台へ。

どちらも、「愛」って感情がひしひしと伝わってきます。
タイミングを見て、両曲は和訳歌詞を載せますね。

それにしても、カッコいい。

まとめ

まとめ見出し画像まとめ

今日僕が最も紹介したいダンサー夫婦「Keone & Mari」をご紹介しました。

ビートが響いた瞬間、心を持っていかれる感覚。

あなたも感じましたか?

広告

DANCEの最新記事8件

>